環境と生命を整える製品と技術をご提供しています


・量子生態学理論に基づく開発アドバイス
・天国の野菜による安全高品質な食の提供
・環境浄化と生命力の蘇生再生を実現する地球再生農法技術指導
・量子代謝理論による健康管理と生活改善アドバイス

新しい科学理論に基づく自然界の代謝メカニズムノウハウをご提供しています

天国の野菜とは

本来の自然界が作る、本物の食の味のご案内です。

詳細を確認する

地球再生農法とは

量子生態学による代謝メカニズムを最大限にコントロールし、自然環境を浄化蘇生する技術のご案内です。

詳細を確認する

健康アドバイスについて

量子生態学は、究極のアンチエイジングを実現します。いつまでも若く健康で暮らすためのノウハウを、それぞれの生活に併せてアドバイスしています。

詳細を確認する


量子生態学の歴史や理論は、メールマガジン「ミステイク」で配信しています。

量子生態学は、被曝を瞬間解消する理論です。
学問としての誕生は、福島第一原子力発電所の災害事故後です。
但し、関連技術の応用は、既に25年以上の実績を持ちます。

量子生態学とは、地球自然界の生命メカニズムに起こされている量子作用のお話しですが、そこには水とブラウン運動の捉え方が関わってきます。

弊社では、土・鉱物・植物・動物と、連続した自然界のブラウン運動の変化を、数千種類の映像を通したブラウン運動として観察を行ってきました。
その結果、ブラウン運動は18~19世紀の認識はかけ離れたメカニズムを持つことがわかりました。

量子生態学は、この観察の元にメカニズム論を整備しています。

量子生態学による原子の量子作用の捉え方を用いれば、水俣病・認知症・発ガンなどの発生原因は極めて明確になります。
また、地球進化論も原始海洋水から人体へまでの一連の進化が、連続して見えるようになります。

残念ながら、メカニズム概念が現在の科学視点に無いため、量子生態学は、科学界では認知されていません。
従って理論は仮説であり、また全理論や背景にあるノウハウはご呈示していないため、この点をご了解下さい。

量子生態学の理論概要は、メールマガジン・ミステイクで公開しています。
弊社に相談無く、技術開発や日常生活へ理論を応用した場合、一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

またマガジン中で用いている解説図は、下記アドレスより自由にご覧頂けます。

メールマガジン・ミステイクのご購読は、こちらよりご登録ください。

メールマガジン・ミステイクの解説図収蔵サイトはこちらよりお入りください。

あらましは、クラウドファンディングの過去のプロジェクト紹介でご覧頂けます


元素が語る自然界の進化=量子生態学用元素周期表から見えてくること

量子生態学では、地球生態系における代謝の本質は、液系の場における電子移動にあると捉えます。それが水の分極と水系イオン原子とコロイド粒子の持つ電気泳動の関わりの世界です。これまでの弊社の研究からは、地球自然界ではこの運動が分子・原子の結合や分解を担っている様子が伺えます。汽水域や湿地などコロイド水系圏域が実に豊かな生物相を持つ原因が、これに由来していると言えます。

電子移動の把握は、各元素原子の電子と電子軌道の状況を掴むことが重要ですが、この様子を容易に把握できるよう、弊社では量子生態学用の元素周期表をオリジナルに整備しました。

この周期表から見えてきたのは、自然界の元素原子には、陽イオン化する元素と、陰イオン及び陽イオンのどちらにもなる性質の元素しか存在しないことでした。つまり、陰イオン化だけの性質を持つ元素は、この地球上にほぼ皆無なのです。そしてこれに反する重要な機能を、ハロゲン系元素が担っています。地球自然界は一方向の螺旋回転で進んでいますが、この方向性を決定し時間を含めた食物連鎖の仕組みにおける代謝と進化を実現したのは、陽イオンとハロゲン系元素の牽引に一つの原因があると考えられます。
量子生態学用元素周期表を熟解すると様々な現象世界の仮説が生まれ、量子生態学理論の持つ鉱物代謝もここから登場しています。
量子生態学用元素周期表及び、周期表の基礎になる電子配位表は、メールマガジンの解説サイトでご自由にご覧頂けます。量子生態学用元素周期表はポスター仕様で電子配位則表を添付して販売しておりますので、弊社へご連絡下さい。

メールマガジン・ミステイクの解説図収蔵サイトはこちらよりお入りください。